1. Topへ
  2. 電子書籍(Kindle) と子どもの本

電子書籍(Kindle) と子どもの本について


 訪問者の皆さんを、電子書籍・キンドルの世界にご案内したいと思います。

 我が家は、アマゾンの電子書籍・Kindle(キンドル)を購入しました。
買ったのは、Kindle Paperwhite 3G(キンドル ペーパーホワイト スリージー)というモデルです。
 この機種は、無料で3G接続ができ、いつでもどこでも高速で本のデータを取ってくることができます。このデータ通信をするのに、追加料金や月額料金などは要りません。

 キンドルには本のデータがたくさん入る上に、画面も紙のように読みやすいです。

 インターネットには、青空文庫という無料の本のデータがあります。著作権の消滅した本や、「自由に読んでもらってかまわない」とされたものがそろっています。 それらは、Kindleで自由に読むことができます。私もいろいろ読んでみました。

 本をデータで読めば、図書館になかなか行く暇がない、本を買っても置き場に困る、などの悩みが解消します。

 そこで、キンドルで無料で読める、昔話や童話などおすすめの子ども向けの作品をこちらで紹介します。こちらには、ぜひ、読んでもらいたいお話ばかりを集めました。
 おとなが読んでも、感銘を受ける本、おもしろい本がたくさんあります。 子どもさんといっしょに読んでみてください。

手袋を買いに   新美 南吉
子ぎつねが手袋を買いに、町へ行くお話しです。母きつねと子ぎつねのやり取りが温かい気持ちにさせてくれます。 娘の好きな童話の一つです。このお話は、絵本もたくさん出ていますね。


ごん狐   新美 南吉
貧しい村人・兵十といたずらきつねのお話。誤解から悲劇をまねく、悲しいお話です。

2013年6月に、新美南吉が 住んでいた愛知県安城市新田町の民家の下宿部屋が復元され、道案内の目印に「ごん」の足跡約800個がアスファルトに描かれたそうですよ。


おじいさんのランプ   新美 南吉
本屋の子どもが昔のランプを見つけます。 かつてランプ売りをしていたおじいさんの思い出話にいろいろ考えさせられる作品です。 児童文学ですが、グッとくる面白さがありジーンとします。 大人にも楽しめておすすめです。


デンデンムシノ カナシミ   新美 南吉
ある日、でんでんむしがふと自分の気持ちに気付きます。カタカナで書かれた短いお話しですが、人生で大事なことが書かれていて、つい何度も読み返してしまいます。辛いときにぜひ読んでください。 皇后様もオススメされている良い作品です。


蟹のしょうばい   新美 南吉
カニがはさみを持っているのはなぜか?という話です。ユーモラスでカワイイお話です。


オツベルと象   宮沢 賢治
人間から搾取される象のお話。オツベルは資本家の人間で、ふとしたことで象はオツベルに働かされます。とても読みやすく、ワクワクします。


猫の事務所   宮沢 賢治
5匹の猫たちが働く事務所のお話。差別やいじめの空しさを描いた作品です。いじめの描写がかわいそうですが、面白いお話です。


いてふの実   宮沢 賢治
母であるいちょうの木から旅立とうとしている子どもたちのお話。いちょうの子どもたちのやりとりが面白く、自然の美しい描写がすばらしいです。


どんぐりと山猫   宮沢 賢治
ある日、一郎少年のもとに、誤字だらけのおかしな手紙が届きます。どんぐりが可愛い、不思議でほのぼのとした作品です。ジブリのアニメが思い起こされます。


やまなし   宮沢 賢治
水中の幻想的な光景の中、カニの兄弟が会話しています。クラムボンがかぷかぷ笑ったというフレーズが有名なお話です。やまなしのお酒がおいしそうです。


赤いろうそくと人魚   小川 未明
人間に育てられた、人魚の美しく悲しいお話です。人間のやさしさに頼って裏切られた人魚。人間の良い心と悪い心について考えさせられる作品です。もの悲しい結末です。


眠い町   小川 未明
「ケー」という名前の少年が、好奇心から「眠い町」を訪れます。謎めいたSFっぽい作品です。最期はもやっとします。


野ばら   小川 未明
二つの国の国境を守る、老人兵士と隣国の青年兵士の話。戦争の哀しみと、野ばらが美しいお話です。


姨捨山   楠山正雄
お年寄りの知恵と、親子の愛情のお話です。良いお話です。


牛若と弁慶   楠山正雄
源義経の少年期と、その家来・弁慶とのお話です。少年向けです。


ねずみの嫁入り   楠山正雄
日本の昔話。娘ねずみにふさわしいお婿さんを探すお話です。


舌切りすずめ   楠山正雄
おじいさんが可愛がっていた雀の舌をおばあさんが切ってしまう日本の昔話です。


猿かに合戦   楠山正雄
日本の昔話。猿にいじめられたカニの敵討ちの話です。


トロッコ   芥川龍之介
レールの上を走らせる土木工事用の手押し車・トロッコに魅せられた8歳の少年のお話。少年の孤独や不安な気持ちが、ストレートに伝わってくるお話です。丁寧な心理描写が巧みです。


蜘蛛の糸   芥川龍之介
たった一つ良いことをした男をお釈迦様が助けようとするお話。利己的なふるまいを戒めるお話です。心に残る名作です。


走れメロス   太宰治
友情のために走るメロスの物語です。有名な名作ですね。


狸のお祭り   豊島 与志雄
人間がたぬきに化かされる昔話です。ポンポコ踊るたぬきがアニメのシーンを思わせます。かわいらしいお話です。


手品師   豊島 与志雄
手品師の男が、より凄い術を手に入れるために旅に出ていく話。ラストは唖然としました。面白い話です。


シャボン玉   豊島 与志雄
こちらも手品師の男のお話です。「手品師」と話の展開がなんだか似ていますが、哀しいお話です。



子どもとキンドルの設定

 我が家の小学生のお兄ちゃんは、キンドルで本を読んでいます。 子どもにキンドルストアから、勝手にどんどん本をダウンロードされては困るので、下記のようにキンドルストアへの操作を制限をしています。

 キンドルPaperwhite の画面の上、右端のメニューより「設定」を選択。「端末のオプション」を選択します。 「機能制限」を選択、「Kindleストア」でKindleストアへのアクセスをオンからオフにします。すると、機能制限のパスワードを設定する画面になるので、 任意のパスワードを入力します。「OK」を押して完了です。

 本をダウンロードするときは、大人がパソコンでアマゾンのサイトを開いて行います。配信先に自分のキンドルを選択しておくと、 Kindleを開けば、すぐに読むことができます。


以上、参考になりましたら、幸いです(^^)。



関連記事:
キンドル paper white のキンドルケースの作り方<手作りのKindleアクセサリです>
漢字嫌いな子供のためにー湯呑
今どきの絵の具セットって、すごい!
こどもと肌着 子供に肌着は、必要?不要?
私立幼稚園保育料の助成金について
保育園の保育料について
子どもの家庭学習ー小学生の通信教育・学習教材について
小学校で必要な学用品についてー筆箱、色鉛筆、お道具箱、クレパス、etc.
新1年生の保護者さんへ。ランドセルの選び方
おすすめキッズ用ランチボックス 子どもに持たせたいお弁当箱について
おすすめキッズ用水筒 子どもに持たせたい水筒とは












copyright(c)2013 frontriver All Rights Reserved.