1. Topへ
  2. おすすめキッズ用ランチボックス 子どもに持たせたいお弁当箱

おすすめキッズ用ランチボックス 子どもに持たせたいお弁当箱について


 ここでは子供用お弁当箱とカトラリーについて、いままでにいろいろと思ったことを書いていきます。 自分で見返すためのメモの目的と、どなたかの参考になれば良いな、と思います。

お弁当箱の容量について

 我が家には娘、息子がいます。二人とも年少で入園した頃のお弁当箱の容量は、280mlでした。お弁当箱の大きさは、成長に合わせて大きくしていきました。お弁当箱の容量は、箱底などに書いてありますので見てくださいね。

 年少さんの3学期には、360mlのお弁当箱を使用し、年長さんでは、450mlのお弁当箱を持っていきました。 また、シール式の小さなタッパーにフルーツを入れて一緒に持っていきました。ソースやケチャップなどはタレビンに入れてお弁当箱に詰めました。

 お弁当箱の深さは、浅いものがおすすめです。いろいろなおかずを整然と詰めることができます。深いと詰めにくいです。

 大き目のお弁当箱を用意して中身を少なくするのはあんまりおすすめできません。すき間があるとキレイに詰めたお弁当が崩れてしまいます。ちょうどよい具合に詰めましょう。


子供用のお弁当箱に、アルミ(アルマイト)のお弁当箱はおすすめ

 かぶせ式のアルミのお弁当箱 は通気性があります。また、アルミには殺菌作用があります。それに、軽くて丈夫で長持ちしやすいです。

 幼稚園や保育園などでは冬場に「保温器(お弁当用保温・保冷庫)」でお弁当箱を温める場合があります。熱伝導が良いのでアルミのお弁当箱が最適です。 プラスチック製のお弁当箱は、熱で変形してしまうので不向きです。

 また、アルミは、表面に酸化膜ができるので、自分でキズを修復し、酸やアルカリから守ります。さびにくいです。
 それから小さい子にもフタが開けやすいです。汁の出るものは漏れやすいので、入れないようにしましょう。
 最近は、かわいいキャラクターものも増えてきました。


プラスティックのお弁当箱の良いところ

  プラスティックのお弁当箱 の良いところは、完全密閉できるところです。 パッキンなどがついていてフタがしっかりと閉まりやすいので、 お弁当の汁が漏れません。しかしロック式できっちり閉まったお弁当箱を開けるのに苦労するお子さまもいます。(でも先生が開けてくれます)

うちの子供たちは入園前にフタの開け閉めを練習しました。

 プラスティックのお弁当箱を暖かいうちにふたを閉めたりすると、お弁当箱内の圧力が下がって後で大人でもフタが開かなくなります。 自動エア弁付きなら、大丈夫なので、エア弁付きのお弁当箱がおすすめです。

 また、ポリプロピレンなどで電子レンジ対応であれば、電子レンジで温めることができます。熱や酸にも強いです。

 プラスティック製は金属のものより安価で、サイズやデザインがたくさんあるので、いろいろ選ぶことができます。


お箸、フォーク、スプーンについて

 我が家の子供たちが通う小学校や幼稚園では、お昼を食べるためにお箸類を持参します。 毎日、使うものなので、食器洗浄機や乾燥機が利用できる熱に強いタイプがおすすめです。 ケースは、スライド式 とプッシュオープン式のものがあります。

スライド式 は力の無い小さい子には開けにくいようです。プッシュオープン式はスライド式 に比べるとこわれやすいです。

 また、子供にもよりますが、お箸の先を折ってしまうことがあるし、無くすこともあるので、ケースのサイズに合わせた 予備のお箸を用意しておくことをおすすめします。よくあるサイズは、16.5cmのお箸 です。食器洗い乾燥機OKのお箸がおすすめです。 だけど、お店でサイズぴったりのものを見つけるのは、少々難しいと思います。

 幼稚園の頃は、年中までトリオセットを持っていきました。年長からは、みんなお箸を上手に使えるようになるので、 周りに合わせてお箸ケースを持っていきました。スプーン・フォークが必要なときはトリオセットを持参します。

 小学校では、お箸を持っていきます。スプーン・フォークが必要なときは学校で貸してくれます。お箸を忘れたら、割り箸を貸してもらいます。後日、新しい割り箸を返します。

 姪っ子の小学校では、お箸類など持参の必要は無く、食器はすべて貸してくれるそうです。


食中毒対策について

 子供には、傷みにくく安心して食べられるお弁当を用意してあげたいですね。食中毒の大半を占める細菌性食中毒は、温度と湿度が高い5月から9月に多いそうです。

 特に抵抗力の弱い小さな子のお弁当には、前の日に作ったおかずを詰めるのはやめておきましょう。

・調理前に、石鹸でしっかり「手洗い」する。

・指に傷のある場合は、絆創膏などでしっかりと覆っておく。

・まな板は、「野菜」用・「肉、魚」用と食材に分けて用意する。

・食材を詰める前に、お弁当箱のフタ、本体に熱湯をかける。(まな板、包丁など調理器具にも)

・おかずには十分火を通す。食材が冷めてからふたをする。下に保冷剤を置くなどして冷ましたり、卓上扇風機やうちわを使っても良い。

・おにぎりは手で直接にぎらず、ラップでにぎる。ラップで包んで詰める場合は、ぴっちり包まないで通気性を持たせる。

・プチトマトのへたは取る。(雑菌がいるので)

・食材の上にお弁当用抗菌シート をのせる。

・小さいゼリーを凍らせてお弁当の食材といっしょに詰める。(こんにゃくゼリーは絶対にダメ)

・梅干しを入れる。

・お弁当箱といっしょに保冷剤をお弁当袋に入れる。

保冷お弁当バッグ に入れて持っていく。

・お弁当は、涼しいところに置いてもらう。(できれば冷蔵庫に入れてほしい)


おすすめなお弁当グッズ

 お弁当作りに便利でかわいいグッズがいろいろ出ています。 こういったグッズを使ってみると、飽きてきたお弁当作りがまた楽しくなりますよ。

にこにこパンチ ・・・ 簡単にニコニコ顔のおにぎりが作れるパンチです。おにぎりにこのパンチで作った顔ののりを貼るだけで、かわいいお弁当になります!忙しいママにも便利(^-^)。

おべんとう抜き型 キャラッパ ・・・ 切りたい素材に型をあわせて押すだけで、キレイに切り抜けます。ハムやチーズなどが簡単に抜けるので、便利です。

おにぎりフィルム ・・・ 小学生のお兄ちゃんのお弁当おにぎりは、コンビニ風のおにぎりフィルムで包んでいます。 お弁当の日は、コンビニ風おにぎり2個とおかずのお弁当箱を持たせています。

はっぱのピック ・・・ お弁当に欲しい緑色のピックです。このピックでミニトマトを指すと、さくらんぼみたいになります。 かわいいピックでまとめると食べやすく、お弁当箱の中がカラフルになります。

パンダおにぎりセット ・・・ 簡単にパンダおにぎりが出来ます。作り方は本当に簡単です。 おにぎりは、小さな子にちょうどいいサイズで大変かわいいです。

抜き型セット キュート ・・・この抜型は、とっても可愛いくってびっくりです! 食パン・クッキー生地・かまぼこ・野菜・ハム・チーズ等、抜き型器で押すだけで、かわいい形が出来上がります。 押して型をつけれるし、安いし、おすすめです。

じょうご付タレビン ・・・カエル、ウサギ、アヒルのかわいいタレビンです。ケチャップやソースを入れてお弁当箱へ入れてください。こんなかわいいタレビンが入っていたら、お子さん、きっと喜ぶと思います(^-^)。 じょうご付きで便利ですよ。

ウズラカッター ピッコロン ・・・ウズラの玉子をかわいらしい動物などにデコレーションすることができます。 レシピ本がついて来るので、たくさんバリエーションが楽しめます。海苔パンチはミニサイズなので、ウズラの卵以外のウインナーや小さなおかずの顔付けに 使えるので便利ですよ。





関連記事:
私立幼稚園保育料の助成金について
保育園の保育料について
子どもの家庭学習ー小学生の通信教育・学習教材について
小学校で必要な学用品についてー筆箱、色鉛筆、お道具箱、クレパス、etc.
電子書籍キンドルと子どもの本ーぜひ読んでもらいたいお話
ランドセルの選び方
おすすめキッズ用水筒 子どもに持たせたい水筒とは





ロック式お弁当箱あんぱんまん


アナと雪の女王



ピカチュウスマイル


ポケットモンスター


ポケモンのトリオセット



妖怪ウォッチ


ミニーがかわいいトリオセット


アルミお弁当箱のディズニープリンセス


リラックマ


リラックスなクマ


ロディです


きかんしゃトーマス


トーマスのアルミ


トーマスのお箸とケース


トミカのお箸とケース


きゃらっぱ


にこにこパンチ


パンダおにぎり


赤ちゃんパンダおにぎり


ウズラカッター

copyright(c)2012-2017 frontriver All Rights Reserved.