1. Topへ
  2. ランドセルの選び方

ランドセルの選び方


 小学校へ入学する子供のランドセルについて、ランドセル選びのポイントを書いていきたいと思います。

 小学校入学でいちばん必要なものといえば、「ランドセル」ですね。入学から卒業まで6年間使うものですから、 よーく吟味して、良いランドセルを選んであげたいものです。

 ランドセル選びで一番重視したいのは、丈夫さと機能、子どもの立場に立った工夫だと思います。
 子どもは見た目でランドセルを決めがちですが、丈夫さや機能、工夫でランドセルの候補を絞って、 それからデザイン・質感で選んでいくのが良いでしょう。

 近年、ランドセルの購入時期が早くなっているようで、9月に、すでに購入している人が珍しくありません。

 祖父母と孫が会う夏休みに合わせて、ランドセルのCMは夏から放送されます。 ランドセルは、7月から9月までの3ヶ月間で年間の約30%が出荷されているそうです。


ランドセルの機能についてポイント

・背カンが左右に可動するようになっている
・肩ベルトの長さが調節できる(体格に合わせられる)
・A4サイズがきちんと入る。
・背あてがでこぼこしていて、フィット感や通気性もある。背負い心地が良い。
・6年間の無料修理保証がある。(故意の破損も保証対象になるのがベスト)

 ランドセルで壊れやすいのは、背カン、肩ベルト。修理費は¥2,500~¥6,000くらいかかるらしい。(プラス送料も必要。) 送料は元払いですが、6年の保証があれば修理費はかかりません。
 ただし、たいていのメーカーは6年保証がついていると思いますが、正常な使用状態において、との但し書きをよく見かけます。 故意に傷つけたり、いたずらで傷ついたりなどの理由によっては有償修理になる場合が多数あります。


ランドセルの重さについて

 昔、学校での教材はB5サイズが基準でした。 しかし、近年はA4サイズの教科書や教材が使われます。 ランドセルもそれに合わせてA4対応サイズになり、容量は大きくなりました。でも、重さはほとんど変わらず、 それどころか、以前より軽いものが出てきました。 昔は、ランドセルの重さは1.5kg以上が当たり前でしたが、今は数百gという超軽量のものがあります。

 人気のある軽いランドセルといえば、イオンのかるすぽはクラリーノ使用で約980g~1050g、 ラブピ ランドセル天使のはねは970g、コクヨあんふぁんはクラリーノエフで1050g、 ニトリの2013年モデルはタフガードで1010g、 フィットちゃん あい・愛ティアラ はクラリーノエフで1080gとなっています。(いずれも2013年版)
 他にもナイロン素材でできた、とっても軽いランドセルもあります。


ランドセルの素材について

 さて、ランドセルの素材についてですが、やはり質感のある素材が良いですね。 代表的なのは牛革かクラリーノ(人工皮革)ですが、どちらがいいでしょう?

 クラリーノなど人工皮革は、もともと水に強く、防水性は充分です。そして軽くて柔らかいです。 クラリーノには、表面コート処理に多数のバリエーションがあります。  「クラリーノエフ」は「つやけし」の上、撥水加工がなされています。クラリーノより傷が目立ちにくいのが特徴です。
 さらに高級素材なのが、「クラリーノマイティーン」。表面が高密度のウレタン層になっています。風合いもよく丈夫な素材です。
 その上の「クラリーノタフロック(モクソン)」は、クラリーノの中でも最も丈夫なタイプでハード傷にも強いタイプ、6年間使用するなら丈夫さは必要不可欠です。

 また、最近の牛革は、防水機能が高く、雨に濡れてもお手入れは乾いた布でふくだけです。 しっかりした牛革は、丈夫で長持ち。使えば使うほどなじんでくるところが魅力です。


ランドセルの色

 近年は、さまざまな柄・色のカラフルなランドセルが出ています。

 昔、ランドセルといえば女子は赤、男子は黒という暗黙のルールがありましたが、今は女の子の場合、ピンク系が一番人気で、定番色とも言えます。 男の子にはやはり黒が一番人気で、次に紺色など青色系が人気です。
 小学校によっては色の指定があるそうですね。(男女とも黒、とか)

 黒・赤以外のカラフルなランドセルは、昔からあったそうですが、2000年に入ってからどんどん広まったそうです。

 ランドセルは、薄い色のものは汚れが目立つので、濃い色のものの方がオススメです。


人気のランドセル

 ランドセルで人気のあるメーカーは、「フィットちゃん(株式会社ハシモト)」「天使のはね(株式会社 セイバン)」「土屋鞄」 「メゾピアノ(mezzo piano)(株式会社ナルミヤ)」 「シャーリーテンプル(株式会社シャーリーテンプル)」が有名です。

 人気のあるランドセルの人気色は早々に売り切れになるそうですから、早めに検討したいものです。 デザイン・色を重視するなら早めの購入をしましょう。 購入するタイミングが遅すぎて、希望のメーカー・色のランドセルを求めて、何店舗も探し回ったという話を聞きます。 ランドセルの購入の検討は、秋ごろから始めましょう。


ランドセルのお値段について

 購入価格の一番売れ筋は3万円~4万円くらいだそうです。
 デザインなどよりも、価格を重視してランドセルを安く買うなら、早めの購入ではなく、販売が落ち着いた頃(2月中ば)がねらい目です。 底値になっているようです。

 また、安く買うには、去年の旧モデルやアウトレット品を購入する方法もあります。 2013年度からの型落ちは、A4ファイルが入る仕様になっているものがほとんどなので、おすすめです。

 低価格で人気のランドセルといえば、ニトリのランドセル19900円が有名です。軽くて質感もありますし、6年保証もついています。

 老舗かばん総合メーカー協和の ふわりぃランドセルもおすすめです。安心の6年保証付きで、4万円以上の3つ星ランドセルや、2万円以下のお買い得なランドセルも販売しています。


可愛いランドセル

広告などではあまり見かけないかわいいランドセル、あるんですね。 ママ友と話題になったランドセルをご紹介します。

ステーショナリー~ラピス~
レースとティアラのロマンティック・ランドセルです。男の子にはウェスタン調ランドセルがあります。 6年間使用できる丈夫さと、デザインの可愛さ・高級感が特徴です。特に「半かぶせタイプ」のランドセルは他には見かけない品で、大人気な様子です。 6年保証付き。フィットちゃん採用です。
秋に注文しても、お届けは2月~3月だそうです。

文房具のお店 シブヤ文房具店 ハートがいっぱい!刺繍が美しいランドセル。
女の子の好きな、大人っぽいハートデザインが特徴のランドセル。 ところどころにラインストーンを使ったキラキラ感のある刺繍がポイントです。細部までとても可愛いです。 フィットちゃん採用なので背負い心地も安心です。


 ところで2013年4月。うちは、機能重視で 「2013年 コクヨあんふぁん 〔スタンダードモデル〕」のランドセルにしました。 容量が大きいこと、肩ベルトがフィットちゃんなこと、素材がクラリーノエフというところ、持ちやすい革の持ち手が付いている所、価格がお手頃なのがポイントです。6年保証もついてます。

 色は「ショコラブラウン」にしました。入学後、クラスの女子のランドセルをチェックしてみたところ、「ショコラブラウン」と同じ色のランドセルを持つ お子さんが思ったより多かったです。ピンク系ランドセルと同数いました。濃い茶は去年の流行色だそうです。 しかし、女の子のランドセルは本当にいろいろなので、お子さんが気に入ったものが一番いいと思います。

 「コクヨあんふぁん」ランドセルには、女の子のための「あんふぁん×コクヨランドセル ロマンティックパール」というランドセルもあります(限定品)。 お姫様感たっぷりのパール調クラリーノでステキです。娘は、このパール調ランドセルの「マーメイドブルー」も気になるみたいでした。

以上、参考になりましたら、幸いです(^^)。


関連記事:
子どもの家庭学習ー小学生の通信教育・学習教材について
小学校で必要な学用品についてー筆箱、色鉛筆、お道具箱、クレパス、etc.
電子書籍キンドルと子どもの本ーぜひ読んでもらいたいお話
おすすめキッズ用水筒 子どもに持たせたい水筒とは
おすすめキッズ用ランチボックス 子どもに持たせたいお弁当箱について

















copyright(c)2012-2013 frontriver All Rights Reserved.