1. Topへ
  2. こどもと肌着 子供に肌着は、必要?不要?

こどもと肌着 子供に肌着は、必要?不要?


胃腸風邪が猛威をふるう真冬のある日のことでした。

友人宅におじゃましたとき、友人の2歳の子が嘔吐をし、 服が汚れたため、着替えをお手伝いしました。
その子が、なぜか肌着を着てなくて、「?」と思っていたら、友人は新しい着替えにも肌着を用意していません。
夏以外は肌着を着せるのが当然、と思っていた私はすこしびっくりしました。

友人宅には3人の幼い子供たちがいるのですが、どの子も肌着を着ていませんでした。
「襟ぐりから肌着が見えると格好悪い。子供は暑がりだし、勝手に脱いじゃうときもあるし、 うちの子たちは、いつも肌着を着せてないよ~」とのこと。

私は、子どもには肌着を着せるのがふつうだと思っていたので、軽いショックを受けたのでした。

また、「子供の服は、ほとんど綿100%で、汗を吸いやすいから肌着はいらないと思う。洗濯物も少なく済むし。」とも。

肌着を着せるのが当然、と思っていた私は今までの考えが間違っていたのかな?と考えてしまいました。
そこで、子供と肌着の関係について、調べてみることにしました。


夏に肌着を着せますか?


夏場に子供に肌着を着せることについては賛否両論がありますね。

子どもは汗を大量にかくので、汗が引くときに熱を奪って冷えてしまいます。
エアコンが普及している昨今、汗をしっかり吸収させるために、肌着を着せるという考えがあります。

うちでは、夏はタンクトップ型の下着を用意していますが、 脇汗も吸収させるために、半そで型の下着がよいという考えもあります。

そうは言っても、暑いところで肌着を着て保温性を高くすると、やはりもっと暑い。

肌着は無しで、直に吸湿性の良い綿のTシャツ等を着せて、汗をかいたらこまめに着替えるのを良しとする 考えもあります。

エアコンが普及しているので、屋外と屋内の寒暖差による対応は厄介ですね。


冬の肌着は、長そで?半そで?


調べてみたところ、冬場は、大人も子供も肌着を着るのが一般的でした。

肌着を着て重ね着することで、保温性を高めます。
また、着る枚数は、子供は大人マイナス1枚が基本なようです。

さて、多くの方が迷うことは、子供に着せる肌着が、半そでか、長そでか?というところです。

長そでの良いところは、やはり半そでよりも長袖肌着は温かい。特に寒い地域では、普段から長袖の肌着が当然のようです。
また、上に着る洋服が化繊などの場合、半そでだと肌触りがムズムズして気になるときがあります。その点、長袖なら気になりません。

半そでの良いところは、袖が重なると服が分厚くなって、腕が動かしにくいけど、半袖は腕が動かしやすい。
特に、子供はよく動くので、半そで下着が良い。

また、半そで下着は上に着る洋服が着せやすい。長袖だと、上に服を着るときに袖が巻き上げられるときがある。
それから、長袖だと手を洗う時に袖をまくり上げるのが窮屈だったりします。

そういうわけで、冬にも子供には半そで肌着がおすすめだと思います。

以上、参考になりましたら、幸いです(^^)。








関連記事:
私立幼稚園保育料の助成金について
保育園の保育料について
子どもの家庭学習ー小学生の通信教育・学習教材について
小学校で必要な学用品についてー筆箱、色鉛筆、お道具箱、クレパス、etc.
電子書籍キンドルと子どもの本ーぜひ読んでもらいたいお話
おすすめキッズ用ランチボックス 子どもに持たせたいお弁当箱について
新1年生の保護者さんへ。ランドセルの選び方




グンゼの男児
綿100%やわらか肌着

グンゼの女児
ラン型綿100%やわらか肌着

プリキュア
あったかキルトインナー

グンゼの男児
vネックTシャツ肌着

グンゼの女児肌着
キャミソール

グンゼアトネス
女児半そでインナー

仮面ライダー
あったかキルト

グンゼアトネス
男児半そで丸首シャツ

グンゼフライス
綿100%やわらか肌着
グンゼ男児やわらか肌着
フライス丸首シャツ
copyright(c)2014 frontriver All Rights Reserved.