1. Topへ
  2. おすすめキッズ用水筒 子どもに持たせたい水筒とは

おすすめキッズ用水筒 子どもに持たせたい水筒とは


 風邪やインフルエンザの流行が心配な季節になりました。体調を崩したりしていませんか?
 我が家の子供たちが通う学校では、風邪予防対策の一つとして、うがいや水分補給を目的とした水筒の持参を奨励しています。

 こちらでは子供用の水筒について、いろいろと思うことを書いています。


おすすめの水筒について

 子供たちは遠足や運動会だけでなく、幼稚園や小学校に普段から水筒を持っていきます。

 そこで水筒は軽いものがおすすめです。
 持ち運びには軽量のアルミボトルやステンレスが良いでしょう。本体外部に継ぎ目のない一体型構造で、丈夫なのも特徴です。
 プラスチックタイプは軽いですが、夏場は中身の劣化が心配です。


水筒の容量について

 水筒の容量についてですが、幼稚園くらいまでなら0.5~0.8リットル、小学生になると0.8リットル~1リットルが良いです。
 ただし暑い日には、1リットル以上の水筒も必要になるかもしれません。(そういうときはペットボトルも一緒に持参OKだったりしますが)

 のどが渇く日には満杯にしますが、そうでない日は余るし重いので八分目~半分程度入れておきます。


お茶の用意について

 お茶は腐りやすいので、当日の朝に沸かした(煮沸殺菌できるので)お茶を冷やして入れます。
 もしくは、雑菌や有機物を除いた浄水器の水で当日の朝に水出ししたお茶を入れます。
 そのままの水道水や殺菌されていないミネラルウォーターを使った水出しのお茶は、暑い季節には要注意です。特に前日からの用意はやめておきましょう。


水筒メーカーについて

 幼稚園~小学校低学年は、子供によりますが、部品を無くしたり、壊してしまったりすることがあります。 ですのでコップやパッキン、ポーチなど別途部品の購入ができる、きちんとしたメーカーの水筒がおすすめです。

 パッキンはすぐに汚くなるので、最初から予備のパッキンがついている水筒も良いと思います。

 子どもは水筒をよく落としてしまうので、ポーチ付きの水筒もおすすめです。底の破損を防ぎます。ポーチは汚れるので洗えるものがよいです。
 自分で水筒ポーチ(ボトルカバー)を手作りする方法もあります。

 幼稚園の年中くらいまででしたら、ワンタッチでふたをあけて直飲みするタイプやストローのみタイプが飲みやすく開けやすいので、おすすめです。
 でも、衛生面を考えるとコップが一番良いので、コップまたは直飲みの両方で使えるもの(2ウェイ)が良いでしょう。


保温・保冷の機能について

 人気のある水筒は、季節を問わず使える、保温・保冷の機能を備えるタイプです。
 特にステンレスを使った真空二重構造のものは、水筒の内部に真空層を作ることで外気をカットし、保温や保冷が長持ちします。
 冷たいものは冷たく、温かいものは温かくというときには最適です。

 水筒に熱い液体を入れるとき注意する点があります。
 飲み口が小さい水筒で熱いものを飲むと、口の中をやけどする危険性があるのでコップ飲みにし、 直飲みは避けましょう。


水筒のお手入れについて

 水筒は毎日きれいに洗浄しましょう。できれば毎日、ボトル内は熱湯で洗浄してください。
 直接口を付けるものなので、中栓が分解できるなど洗いやすい構造か確認しましょう。
 汚れやにおいの付きにくい加工がしてあるものなら、なお良いです。

 そして、水筒洗い専用のブラシ があると洗いやすいです。金属タワシを使うと傷をつける可能性があるので注意が必要です。

 洗浄時はパッキンも外して、細かいところは竹串などで汚れを取ります。
 外したパッキンは無くさないように、またパッキンの付け方を間違えないようにしましょう。パッキンを付け忘れたり、付け間違えたりすると 水漏れしますので注意してください。
 私は、何度か、荷物や水筒のポーチをびしょびしょにしてしまいました。
 パッキンの付け方は説明書に書いてありますので、説明書の保管をおすすめします(^^)。

 また、ボトル内に茶渋がしみついてブラシを使っても取れないときは、 ステンレスボトル用の洗浄剤 を使うとすっきりキレイになります。

 キッチンブリーチなどの漂白剤は、スーパークリーン加工等の内部を痛めるので、使ってはダメです。腐食してしまいます。
 きちんとしたメーカーの水筒は容器が腐食しにくいようにと新技術で工夫されていますが、完全には防げないのでご注意を。

 それから、果汁飲料や乳酸菌飲料のような酸性の飲物も入れないようにしましょう。
酸性度の高い飲み物を長時間保管すると、内部の傷や付着物が原因で金属が溶け出す危険があります。


水筒の購入について

 これから水筒を購入するなら、amazon で購入するのがおすすめです。ホームセンターなどで買うよりたいてい安く購入できます。 ネット販売の中でもamazon が最安値で販売していることが多いです。在庫も多いので、すぐに購入できます。 商品も、とても早く届きます。アマゾン倉庫の隣に宅配会社があるそうです。
 早急に必要!というときのために「当日配送」できる「お急ぎ便」もあります。

(※アマゾンプライム会員というのに登録すると「お急ぎ便」は無料で利用できます。注文ごとの料金はかかりません。午前中に注文すれば、まずその日のうちに届きます。 アマゾンプライム会員は、1か月の無料体験ができます。 無料体験期間中にプライム会員を辞めれば、プライム会員費(年会費¥3900)はかかりません。)


 ちなみに、我が家の上の子(男の子)は、よく壊す&無くす子供のため、今までに水筒は6つほど購入しました。
 そのうちamazon で購入した水筒は4つです。

 最初は、1歳のときにアンパンマンの水筒 を購入しました。ストローで飲むタイプで、長く使えました。ストローの手入れは、ストロー洗い用のブラシ でしていました。中にカビが発生してしまうのでこまめに行いました。
 次もストロータイプを購入しましたが、幼稚園入園後、すぐに壊れました。
 次に タイガーのサハラという水筒 を購入。 あるとき園から徒歩で帰宅中、コップを落として無くしました。コップはしっかり締めた後、持ち運びしなければいけませんね。だけど、親がギュッとしめると子供には固すぎて開けられないこともありますが。
 次に サーモス を購入し、小学校入学後も使いましたが、校外学習の際、電車に忘れて紛失。

 そして、現在は、サハラの1Lの水筒 を使っています。たくさん入るし、軽いです。
 今のサハラシリーズのポーチはお洗濯できるようになりました。(昔は洗濯不可でした)
 また、雑なタイプの子供なので、中学年の今も水筒を落としたりぶつけたりするため、ポーチ付きにしています。

 春の運動会のときは、パパが夏に使う1.5Lの水筒を持っていきました。運動会で他のお子さんたちは、途中でお茶をつぎ足したり、 カラになった水筒をべつの水筒と交換したりしていました。
 複数の水筒があると使い分けにも便利ですね。

 ところで息子の小学校では水筒に氷を入れるのは禁止です。こういう小学校は多いようです。
 理由はよくわかりませんが、きっと冷たいものを とりすぎるとお腹を壊すからでしょうか?
 冷たいものを大量にとりすぎると、胃腸が冷えてしまい下痢などの症状を引き起こすことがあります。また、冷たいものはむくみの原因にもなるといいますね。


娘の水筒について

 娘の水筒はいままでに2個、アマゾンで購入しました。
 2歳のとき幼児教室に通うことになりコップタイプで0.5Lのサハラクールの水筒 を購入しました。コップ飲みにしたのは、幼児教室側からの指定です。
 ピンク系フルーツ柄のポーチでかわいい女の子用水筒でした。今は廃盤になっています。

 幼児教室で練習して、2歳のうちに自分でコップに注いで飲めるようになりました。娘だけでなく、他の子供たちもできるようになっていましたよ。

 当時のポーチは、洗濯ができないものでした。長い間、使いましたが、コップもポーチも黒ずんでしまい、さらに本人が直飲みタイプがいい!というので、 幼稚園年中のときに、ピンク系のサーモスの水筒 に替えました。

以上、参考になりましたら、幸いです(^^)。
みなさまも、良い水筒と出会えますように。



関連記事:
私立幼稚園保育料の助成金について
保育園の保育料について
子どもの家庭学習ー小学生の通信教育・学習教材について
小学校で必要な学用品についてー筆箱、色鉛筆、お道具箱、クレパス、etc.
電子書籍キンドルと子どもの本ーぜひ読んでもらいたいお話
おすすめキッズ用ランチボックス 子どもに持たせたいお弁当箱について
新1年生の保護者さんへ。ランドセルの選び方




めちゃかわいい、すみっコぐらしの水筒580mL
大人気
「アナと雪の女王」480mL

キュートなドットブラック1.0L
ステンレス

ハート柄がかわいい0.5L
ステンレス

コンパクトなスポーツボトル
0.5Lステンレス

サーモス0.5L
ステンレス

小さい子におすすめ0.3L
アルミボトル

ツーウェイ0.6L
ステンレス

洗える頑丈ポーチ0.8L
ステンレス

0.8Lダイレクトタイプ

450mlあんぱんちステンレス

サーモス1.0L、冷却効果が優秀です

女の子に、かわいらしくなりました

0.6L、2way、ステンレス

0.36L、ストロータイプ

1.0L、ネイビー

400mL、ディズニープリンセス

サーモス、0.8L

サーモス0.8L
外国でも人気!「サーモス」は世界で初めて魔法びんを製品化した日本の企業です。


copyright(c)2012-2017 frontriver All Rights Reserved.