スポンサーリンク

水筒カバーの作り方

その他、布小物など
スポンサーリンク

水筒カバーの作り方

水筒の持ち運びに便利なボトルカバーです。
ドット柄のキルティングで、タイガーの水筒の水筒カバーを作ってみました。肩ひもは手芸用PPテープ(PPバンド)を使っています。

スポンサーリンク

完成図

材料&製図

キルティング・・・・・・(側面)26cm×27.5cm 1枚
キルティング・・・・・・(底)直径10.6cmの円 1枚
フラットニットファスナー24cmぐらい
手芸用PPテープ・・・・・・幅2cm長さ6.5cmを2本。
手芸用PPテープ・・・・・・幅2cm長さ150cmくらい1本
Dカン(または角カン)2cm巾を2個。アジャスター2cm巾を1個

※フラットニットファスナーは長い部分をはさみでカットできます。またエレメントの上をミシンで普通に縫うことができるので、扱いがラクです。

※他に、縫い糸・縫い針・まち針・はさみ・チャコペン、ミシン・アイロンがあれば便利です。

作り方の手順

 

❶ カバー側面布と、カバー底布の周りをジグザグミシンをかけるなどして、布端の始末をします。
これで、ほつれを防止します。


❷ 両端を1cm裏側へ折って、アイロンでしっかり折り目をつけます。
下側の縫い代も折り目をつけておきます。



❸ ファスナーの上止め側を斜めにうらに折って縫っておきます。

 



❹ ファスナーをカバー側面布に縫いつけます。
1cm折った縫い代の下にファスナーをおき、手縫いでしつけをした後、ミシンで縫いつけます。
このときファスナーの上止めが布の上端から2cm下にくるようにします。
反対側も同じように縫いつけます。
おもてから見て、布と布の間(ファスナー部分)が1.5cmくらいになるようにします。


❺ 袋口を縫います。袋口の縫い代を裏側に2cm折ります。
PPテープ6.5cm2本をDカン(または角カン)を挟んで折り曲げ、袋口に挟み、縫いつけます。



❻ カバー側面布と底布を縫い合わせます。
ウラおもてにして縫い代1cmで縫い合わせます。
縫い代部分はひっくり返したときにひきつらないよう1~2cm間隔で切込みを入れます。
縫い目を切らないように注意してください。



❼ 肩紐にアジャスターをセットします。
テープの一方の端をアジャスターの真ん中に
通して折って縫います。肩紐のもう一方の端を一方のDカンに通し、またアジャスターに通します。



❽ 肩紐のもう一方の端は、反対側のDカンに通し、
縫いつけます。肩ひもを適度な長さに調節してできあがりです。




 

タイトルとURLをコピーしました