子どもの家庭学習、通信教育や学習教材について

スポンサーリンク

小学生の子供たちにやらせたいと思い、通信教育や学習教材を調べてこちらにまとめてみました。

現在、子供たちは、学校の宿題以外に書店で購入した国語・算数のドリルをやっています。
朝、朝食後に1ページ、夜、夕食後に2,3ページのペースで、学習習慣をつけるためにも毎日がんばっています。

でも、親が適当に選んだ教材よりも、年間を通し一貫したカリキュラムやスケジュールのある学習教材の方が良いのではと思い始めました。

子どもたちの学力低下が深刻化する中、私のように学校の勉強だけでは不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

小学校での授業時間も数年前より増え、学習のスピードが速くなりました。
勉強が遅れても、たいていの学校はフォローしてくれません。
学校で楽しく勉強できるように、授業がわからなくて辛くなったりしないように家庭でフォローしています。
今は家庭環境や家庭学習によって、子どもの学力に差が出ると言われていますね。

また、習い事が忙しかったり、近くに塾がなかったり。
スケジュールが忙しい子どもにも通信教材はおすすめだと思います。

このページに記載した通信教育は、各社いろいろな工夫をされた教材で、どれを選んでもしっかりやればそれなりに効果が上がるのではと思います。
必要だと気付いた時からすぐできるので、いつ始めても遅いなんてことはありません。

でも、無理やりやらせたら逆効果です。
好奇心を刺激し褒めて、自信とやる気を付けさせてやりたくなる環境をそろえてあげるのが良いと思います。
楽しくやるのがとても大切だと思います。

たくさんの種類があって迷いますが、自分の子どもに合ったものを吟味して選択しようと思います。

いろいろな通信教育

Z会 小学生コース

小学生通信教育の大手「Z会」です。難関校合格の圧倒的な実績を生み出しています。
ハイレベルな教材の提供と、幅広いサポート体制で担任指導者が課題を添削してくれます。
学習状況にあわせて、「スタンダード」「ハイレベル」とコースが選べます。
小3からは中学受験コースもあります。

スタンダードは、月々3927円~。(※学年末まで一括払い)
小学1年生~6年生が対象。

無駄な教材がなく、やる気のある子どもには最適です。
添削は月1回あります。タブレットコースは3~6年生であります。


進研ゼミ小学講座チャレンジ

株式会社ベネッセコーポレーションが運営する大人気の通信教育教材です。
学校の予習復習はもちろん、基礎学力の向上や応用力、学習習慣の確立にも役立ちます。

月々2980円~6440円。(学年・コースによって異なります)
年長~小学6年生が対象。

入会時や毎月の付録の電子教材は子供たちにとってかなりの魅力です。
担任制の赤ペン先生が一人ひとりにあわせて添削してくれます。
教科書に沿って学校の勉強をしたいなら、進研ゼミがおすすめです。
レベルの高い学習のために「もっと!挑戦シリーズ」「考える力・プラス講座」などの講座が オプションで多数用意されています。

ブンブンどりむ

大阪にある「どりむ社」の小学生向けの作文通信教育講座です。
小学生を対象に「作文力」を伸ばすことで読解力、思考力といった 「国語の総合力」を身につける通信講座です。

月々4972円~。
小学1年生~6年生が対象。

記述力や読解力はすべての学力の基礎になるから、作文の力をつけることは重要ですよね。
課題提出があり、赤ペンコーチからの添削があります。



デキタス

小中学生向けの楽しいデジタル学習教材「デキタス」です。

小学校1年生~中学校3年生まで全科目に対応しており、授業も聴けて、問題も解け、インターネットとPC・タブレットがあれば時間と場所を選ばずに学習できます。

月々、小学生¥3000(税抜)・中学生¥4000(税抜)。
長年、予備校・個別指導塾として実績のある会社が運営しています。



スマイルゼミ

徳島にあるソフトウェア開発会社・ジャストシステムのタブレットを使った通信学習システムです。
専用タブレットを使ってゲーム感覚で楽しく学習を進めます。
教材はネットで配信されます。教材は、国算理社、漢検も。

オプションで英語学習もできます。

月々2,980円~(一括払い)
小学校1年生~6年生が対象。

タブレットなので教材が散らからない、画面に集中できる、丸つけの手間が省けるなどの利点があります。


小学ポピー

全日本家庭教育研究会から生まれた教材です。
教科書に対応しており、適度な問題量で、学習習慣が身に付けられます。
まとめテストで学習の成果も確認できます。低学年は国算、3年生からは国算理社。添削なしです。

月々2500円~3800円
小学校1年生~6年生が対象。

会費が他の教材に比べてお安い印象です。
ポピーの出版編集元である新学社は、全国の小・中学校で使うテストやドリルを作っているところなので、子供も紙面になじみやすいです。

小学ポピー、無料見本&ご入会、お申込み受付中

小学生の英語教育

2020年から小学校高学年での英語授業が必須になっています。
自治体によっては、小1から英語教育を実施している公立校もあるそうです。
勉強としての英語を始める前に、家庭で楽しく英語を始めてみてはいかがでしょうか。

子供オンライン英会話【リップルキッズパーク】

小学生からの子供英会話です。外国人講師によるマンツーマンレッスンを月額4980円から。パパもママも一緒に受けられます。 きょうだいでも一緒に受けられます。しかも月謝は1人分。何人で受けても1人分でOK。入会金なし・教材費もなし、です。 英会話が初めてのお子様にも安心の超初級レベルから。



ハッチリンクジュニア

ハッチリンクジュニアは、オンラインの英会話スクールです。
幼児、小学生、中学生、高校生専用のオンライン英会話です。老舗です。

幼児、小学生低学年のお子様への指導が得意なフレンドリーな講師陣が多数在籍しています。
とにかく授業が楽しいと思える先生、授業内容で楽しく学習できます。


世界の七田式英語教材7+BILINGUAL

日常英会話を短期間でマスターするには、よく使うフレーズをまるごと覚えてしまうことだそうです。
実はネイティブの英会話を分析してみると、特定の決まったフレーズと単語がかなりの割合で出現するとか。
七田式の記憶メソッドを使えばよく使う英会話パターンをスムーズに覚えることができます。



以上です。良いところがありましたか?
参考になりましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました