スポンサーリンク

プールタオルの作り方(高学年・大人用のラップタオル)

その他、布小物など
スポンサーリンク

プールタオル(高学年・大人用スモール)の作り方

こちらは水泳のプールタオルの作り方です。
お着換え用巻きタオルやラップタオルともいいますよね。
プールタオルの首部分はゴム入りで、ササッと脱ぎ着が可能で、両手を離してもずり落ちないから着替えがラクにできます。
このプールタオルは大きめの市販のバスタオルで作ります。
生地のほつれ処理なしでカンタンに作れます!

ラップタオル/プールタオル 大人用 ガーゼ 送料無料 巻きタオル
トランパラン
¥ 3,000(2021/05/22 16:07時点)
体にフィットしてずれ落ちないプールタオルです。
スポンサーリンク

プールタオルの出来上がり

 

出来上がりサイズ 長さ約90cm

 

スナップボタン付きのプールタオルです。おうちにあるバスタオルでカンタンに作れます。
こちらは長さ150cm幅90cmのバスタオルを使いました。幅60cmのバスタオルで作る場合はこちらをご覧ください。
このプールタオルは、水着のお着替えに便利です。
ループが一つ付いているので、ひっかけて置くときに使えます。

プールタオルの材料

  • バスタオル・・・・・・たて 90㎝ × よこ 150㎝ くらいを1枚
  • ゴム2cm幅・・・・・100cmくらい(1.5cm幅でもOK)
  • スナップボタン14mm・・・・・5組

※薄手のパスタオルで作れば、洗濯時に乾きやすいです。
※他に、縫い糸・縫い針・まち針・はさみ・チャコペン・ひも通し・ミシンがあれば良いです。

60cm丈のプールタオルの作り方はこちらです。

※こちら↓くらいの大きさのバスタオルを使って作りました。

※14mmのスナップボタン↓を使っています。
『スナップボタン≪6・7・8・10・12・14mm≫』【定番】
手芸と生地の店 いすず
¥ 275(2021/06/24 21:32時点)

プールタオル作り方の手順

 

❶ 最初に、プールタオルのゴムを通す部分を作ります。バスタオルを裏返し、上端から3cmのところを折ります。
折った下端から3mmのところを縫います。
タオルの固い部分は針が通らないことがあるので、よけて縫ってください。



❷ バスタオルにゴム通しでゴムを通します。

 


❸ 片方の端からゴムを7cm出し、折って1cmは中にいれて、2.5cm~3cmのループを作ります。
ループゴムとタオルを、端から5mmくらいのところでミシンで縫い留めます。返し縫いをしてください。
そして、端から10cmのところと11cmのところを、ゴムとタオルを一緒に縫い留めます。



❹ ゴムをほどよく調節してから、反対側の端から10cmのところと11cmのところを、ゴムとタオルを一緒に縫い留めます。
余ったゴムは切り取ります。端を縫います。



❺ スナップボタンをつけます。ウエストに2組とすそに3組つけます。

ループを付けた側の裏に、凹ボタンをつけます。
ループが付いてない側の表に、凸ボタンを縫いつけます。
表と裏に付けるスナップボタンは、お間違えのないように(^^;。
間違えると手間暇かかります・・・。

ウエストのスナップボタンは8cm間隔、すそのスナップボタンは18cm間隔でつけます。
これでプール用ラップタオルの出来上がりです。






ぜひ作ってみてくださいね。
タオルキャップの作り方↓もあります。

子供用タオルキャップの作り方(タオル帽子)
タオルで作るタオルキャップの作り方のページです。お子様用のタオル帽子です。水泳教室やお風呂上りに使ってください。写真とイラストで詳しい作り方を解説しています。お家にある普通のタオルで作ることができます。
タイトルとURLをコピーしました