1. Topへ
  2. ヘアアクセサリー
  3. くるみスリーピン(パッチンピン)

くるみスリーピン(布張りパッチンピン) 作り方

●出来上がり

たて約5cm よこ約1.5cm

パッチンピンに合わせて切った布を、両面テープでパッチンピンに張り付けるだけ。
簡単に作れる、布でくるむヘアピンです。

はぎれもフェルトも余ったものを利用して作れます。

昔は、パッチン留め、と言いましたが今はスリーピンって言います。スリープ(sleep)とピンで、スリーピンだそうです。



くるみスリーピン
普通のスリーピンより外れにくいみたいです。
パッチン留め
 
くるみスリーピン
いちご柄とドット柄でスリーピンを作りました。

●材料

5cmスリーピン(パッチンピン)・・・1個  
コットンなど薄い布・・・少々   不織布(芯部分)・・・少々    
フェルト・・・少々     布用両面テープ・・・3cm幅くらい。少々  型紙用の厚紙 

   
写真のスリーピンはモチーフを付けるための穴が開いています。
あまり見かけないタイプのスリーピンです。
家にコレしかなかったので使いました。
穴の無いスリーピンでも、もちろんOKです。

大特価 !スリーピン1 ロジウム(20ヶ)
価格:54円(税込、送料別)


●作り方の手順

❶ 厚紙を切って、スリーピンと同じ大きさの型紙を作ります。

❷ 型紙を布の上に置き、3mmくらい大きくしるしを付けます。 しるしが付いたら切ります。

❸ フェルトと不織布は、型紙と同じ大きさに切ります。
写真の不織布(芯)は薄いですが、芯をもっと厚いものやフェルトにすると、出来上がりのスリーピンがふっくらします。
❹ 布の裏面に不織布を貼りつけます。この不織布はアイロン接着なのでアイロンでくっつけました。

❺ さらに、布の裏面に布用両面テープを貼ります。
貼れたら、布からはみ出した余分なテープ部分は切り取ります。
 
❻ 同じように、フェルトの裏面に布用両面テープを貼ります。
貼れたら、フェルトからはみ出した余分なテープ部分は切り取ります。
(布用接着剤を使う場合はこの工程は行いません)
❼ 布の裏面にスリーピンを置き、生地をピンにくっつけていきます。スリーピンのカーブのところは表にしわが出ないよう注意してください。
 
❽ フェルトに切り込みを入れ、スリーピンの裏面に貼り付けます。(布用両面テープか布用接着剤を使います。) これでスリーピンの完成です!

 

メモ

芯地が薄い場合は二重にするとよいと思います。
フェルトを切るときはよく切れるはさみで切ると断面がきれいです。
フェルトを貼るときは布用接着剤を使う方がやりやすいです。(2016/4/28)


copyright(c)2012-2017 frontriver All Rights Reserved.