1. Topへ
  2. くつ袋
  3. くつ袋B(シューズ入れ) 作り方

くつ袋B(シューズ入れ) 作り方(切替あり)

●完成図




出来上がりサイズは、横幅19cm、高さ25cm、マチ4cm。

この靴袋は幼稚園~小学校低学年くらいまでの靴用です。大人サイズの靴は入りません。


公立幼稚園に入園する姪のために作ったくつ袋です。簡単にできる上下切り替えありのシューズバッグです。
基本的には上下の生地が同じくらいの厚さのものを使います。

このシューズバッグを、デニム生地+キルティング生地で作るなら、上になる部分に薄い方の生地を使った方が良いです。

シナモロールの布は、姪ちゃんが自分で選んだそうです。”元気が出る布”だそうです(^-^)。



~25ミリ巾Dカン&25ミリ巾平テープです~


シューズケース シューズケース シューズケース  



●材料&製図

キルティング生地(本体)2枚・・・・ たて 21.5㎝ × よこ 25㎝
キルティング生地(切替)1枚・・・・ たて 20㎝ × よこ 25㎝
25ミリ巾平テープ・・・・37㎝ を 1本、10㎝ を 1本     25ミリ巾Dカン・・・・・・1個 (リングでも可)

持ち手のかばんテープを手作りされるなら、テープ1テープ2テープ3をご覧ください。
レッスンバッグと靴袋の柄を合わせて作る場合の裁ち方を掲載しています。レッスンバッグb &くつ袋b 生地の裁ち方はこちらです。


  

●作り方の手順

❶ 最初に、生地の端処理をします。生地のまわりにジグザグ縫い、またはロックミシンをかけます。

❷ 次に、本体布と切替布をつなぎ合わせます。本体と切替布を中表にして縫い合わせます。(縫い代1㎝)
縫い代は切替布側に倒して、0.2㎝巾でステッチをかけます。
    
※布がキルティングの場合、ステッチの縫い目をキルティングの縫い目の大きさと合わせると可愛いです。
❸ 本体を中表にして切替部分のラインを合わせ、両端を縫い合わせます。
脇の縫い代は割り、アイロンをしっかりかけて開いておきます。

 

❹ 4か所、マチを作ります。

   

❺ バッグの口を縫います。この時に持ち手もはさんで縫います。持ち手の短い方にDカンを挟みます。 平テープと布が重なる部分は厚いので、ゆっくり縫ってください。 縫い終わりは少し縫い重ねて、返し縫いをしておきます。

  
  


copyright(c)2012-2017 frontriver All Rights Reserved.