1. Topへ
  2. ピアニカバッグ
  3. ピアニカバッグb 作り方

ピアニカバッグb 作り方(切替なし●裏地・接着芯あり)

ピアニカバッグ

●完成図



出来上がりサイズは横幅55cm、高さ20cm、マチ6cmです。

小学校の音楽授業で使用する32鍵のピアニカのサイズにぴったりの裏地つきピアニカバッグです。ハードケースごと入ります。

写真は、456(長さ)×173(奥行き)×58(高さ) mm(P-32DP、ハードケースごとのサイズ)の、ヤマハピアニカを入れて撮影しています。

このピアニカバッグには、ヤマハのピアニカだけでなく、スズキのメロディオンも入ります。(メロディオンのサイズは470(幅)×175(奥行き)×60(高さ)mmです)






●材料&製図

普通布(表地)1枚・・・・・・たて 51㎝ × よこ 57㎝
普通布(裏地)1枚・・・・・・ たて 51㎝ × よこ 57㎝
接着芯(アイロン接着できる不織布・薄いもの) 1枚・・・・・・・ たて 51㎝ × よこ 57㎝
25ミリ巾平テープ・・・・40㎝ を 2本

他に、縫い糸・縫い針・まち針・はさみ・チャコペン、ミシン・アイロンがあれば便利です。
持ち手のかばんテープを手作りされるなら、かばんテープNo.01かばんテープNo.02かばんテープNo.03をご覧ください。


生地は大き目に切って、水洗い(手洗い)し干し、アイロンした後、
サイズ通りに裁断しました。
白いのは接着芯です。生地がやや薄いので接着芯を貼ることにしました。
(接着芯は洗っていません)

●作り方の手順

❶ 表地のウラ側に接着芯をアイロンでくっつけます。のり面を間違わないように気を付けてください。
※しっかりした生地なら、接着芯が無くても大丈夫です。

❷ 表地のオモテ側に持ち手を2.5㎝の縫い代内で仮止めします。


❸ 表地と裏地を中表に合わせて、まち針でとめた後、かばんの口の部分を縫います。片方だけ持ち手の間を8㎝くらい返し口として縫い残して下さい。 縫いはじめと縫い終わりは返し縫いをします。


❹ 表地と裏地の布を一度開いて、図のようにたたみ、まち針でとめた後、かばんの両脇を1㎝の縫い代で縫います。縫いはじめと縫い終わりは返し縫いをします。


❺ 4か所、マチを作ります。 三角の先を1cm残してカットし、切り口をジグザグ縫い、またはロックミシンをかけます。

❻ かばん口に縫い残した返し口より表に返し、しっかりアイロンをかけます。

❼ 裏地を表地の内側に入れた後、アイロンをかけます。かばんの口にぐるっと0.2㎝のラインと2㎝のラインにステッチをかけます。縫い終わりは少し縫い重ねておきます。

ピアニカバッグ
※持ち手のかばんテープを手作りされるなら、かばんテープNo.01かばんテープNo.02かばんテープNo.03をご覧ください。

copyright(c)2011-2017 frontriver All Rights Reserved.