スポンサーリンク

ピアニカバッグaの作り方(シンプルな作り方)

ピアニカバッグの作り方
スポンサーリンク

ピアニカバッグa(シンプルなタイプ)作り方

こちらはシンプルで簡単なピアニカバッグの作り方のページです。
ピアニカバッグは、ピアニカケースやピアニカ入れ、鍵盤ハーモニカケースともいいますね!
このピアニカバッグは、無地のキルティング生地で作りました。
可愛いキルティング生地を選んで手作りすれば、華やかなバッグも作ることができますよ。

スポンサーリンク

ピアニカケースの完成図

できあがり:高さ20cm、幅55cm、マチ6cm

ピアニカバッグ
ピアニカバッグ

※小学校の音楽授業で使用する32鍵のピアニカのサイズにぴったりのピアニカバッグです。ハードケースごと入ります。

※写真は、456(長さ)×173(幅)×58(高さ) mm(P-32DP、ハードケースごとのサイズ)の、ヤマハピアニカを入れて撮影しています。

※このピアニカバッグには、ヤマハのピアニカだけでなく、スズキのメロディオンも入ります。(メロディオンのサイズは470(幅)×175(奥行き)×60(高さ)mmです)

ピアニカケースの材料&製図

キルティング生地・・・・・・ たて 51㎝ × よこ 57㎝ を一枚
(もしくはデニムなどの厚い布)
25ミリ巾平テープ(持ち手用)・・・・40㎝ を 二本

※他に、縫い糸・縫い針・まち針・はさみ・チャコペン、ミシン・アイロンがあれば良いです。

※持ち手のかばんテープを手作りされるなら、カバンテープ1
カバンテープ2カバンテープ3をご覧ください。作り方を書いています。

ピアニカバッグ作り方
ピアニカバッグ作り方
※このページのピアニカケースは、こちら↓のキルティング生地を使って作りました。


※こういった↓リバーシブルのキルティング生地で作るのも良いと思います。裏地がかわいいです。

ピアニカケース作り方の手順

❶ 最初に、生地の端処理をします。生地のまわりにジグザグ縫い、またはロックミシンをかけます。
これで生地のほつれを防止します。

ピアニカバッグ作り方


❷ ピアニカケース本体生地を中表にして半分に折り、両端を縫い合わせます。縫いはじめと縫い終わりは返し縫いをしてください。

ピアニカバッグ作り方
ピアニカバッグ作り方


❸ 底の2か所に6cmのマチを作ります。(下図参照)
縫い代を開いて、底の角を三角につまんで折り、アイロンをしっかりかけてください。
まち針で留めて、印をつけます。
ミシンで縫って、返し縫いもしてください。

ピアニカバッグ作り方
ピアニカバッグ作り方


❹ 持ち手をはさんで、ピアニカバッグの口をぐるっと縫います。
まず、袋口の布を2.5cm折ります。
持ち手の25ミリ巾平テープを1cm折り込んで付けて、上から0.2mmのところと、下端から0.5mmのところをぐるりとミシンで縫います。(※下図参照)
アイロンをかけた上で、しつけをしてからミシンで縫うと、縫いやすいです。
縫い終わりは、最初の縫い目と縫い重ねて、返し縫いもしてください。
平テープと布が重なる部分は厚いので、ゆっくり縫ってください。



最後に、平テープの上にバツ印を8を描くように縫ってください。
これで持ち手がしっかりします。

ピアニカバッグ作り方

これでシンプルで簡単なピアニカバッグの出来上がりです!


※布がキルティングの場合、ステッチの縫い目をキルティングの縫い目の大きさと合わせても可愛いです。
※持ち手のかばんテープを手作りされるなら、カバンテープ1
カバンテープ2カバンテープ3をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました