スポンサーリンク

給食袋hの 作り方(小さいサイズ・袋口フリル)

給食袋の作り方
スポンサーリンク

給食袋h 作り方(小サイズ・袋口フリル)

袋口がフリルになった給食袋の作り方ページです。
こちらの給食袋は小さめのサイズです。
裏地なしです。

スポンサーリンク

給食袋hの完成イメージ

出来上がりサイズ:22.5cm×18cm

給食袋

給食袋
給食袋

※ 吊るしたときに全体の長さが約32cmになります。
※ 小学生のお箸、ランチョンマット、マスク、ティッシュが入る給食袋(巾着袋)です。
※ このタイプのきんちゃく袋は、袋口が開けやすいので小さい子にもオススメです。

給食袋hの材料&製図

普通布(本体)・・・・・・たて 29.5㎝ × よこ 20㎝ を2枚
ひも(中幅)・・・・・・46㎝ × 2本

給食袋作り方
給食袋作り方
※ 生地は最初に、水洗い(手洗い)して干し、生乾きのところを生地のゆがみを直して、アイロンしました。(※洗濯時の縮みを防ぐためです)それからサイズ通りに裁断しました。
※ 他に、はさみ、定規、縫い針、まち針、ひも通し、チャコペン、アイロン、ミシンがあれば良いです。
※ 普通布1枚で作るときは、たて 57㎝ × よこ 20㎝の布を用意します。その場合、「作り方の手順」の❷の工程は飛ばします。
※ こちら↓の丸ひもが適当だと思います。

【カラーひも(5mm幅/2.5m巻)★KIYOHARAサンコッコー巾着ひも】
生地とレースのお店 プロート
¥ 176(2021/05/18 14:15時点)
※これくらい↓の厚さのシーチング生地で作ると良いと思います。

給食袋hの作り方の手順

❶ 最初に、生地の端処理をします。生地のまわりにジグザグ縫い、またはロックミシンをかけます。
これでほつれを防止します。
給食袋作り方
給食袋作り方


❷ 本体2枚を中表にして縫い合わせます。(縫い代1㎝) 縫い合わせたところが底になります。
縫いはじめと縫い終わりは、返し縫いをしてください。
縫い代は開いてアイロンをかけます。

給食袋作り方


❸ 本体を中表にして半分に折り、図のように、わきを2cmづつ空けて両端を縫い合わせます。(縫い代1㎝)
縫いはじめと縫い終わりは、返し縫いをしてください。
上から1cmのところと、6cmのところにアイロンで折りすじをつけておきます。

給食袋作り方
給食袋作り方


❹ 縫い代を割って、しっかりアイロンをかけます。❸でつけた折りすじに沿って袋口を三つ折りにし、再度、アイロンをかけます。
給食袋作り方
給食袋作り方


❺ 袋口をぐるりと、図のように2本、ステッチします。
上から2.5cmのところと、4.5cmの所です。
ひもの通し口のところは返し縫いをし、丈夫にします。
縫い終わりは縫いはじめと縫い重ねて、返し縫いをします。

給食袋作り方
給食袋作り方


❻ おもてにひっくり返しアイロンをかけ、丸ひもをひも通し口に通します。「ひも通し」が無い場合は、クリップで代用できます。
ひも通し、クリップ
給食袋作り方
給食袋作り方

これで袋口がフリルになった給食袋の出来上がりです!
ぜひやってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました